天然美通

天然美通で子供のような肌と髪を取り戻す。

天然美通で子供のような髪と肌になる理由

 

天然美通の特徴とは?他の乳酸菌サプリと何が違うの?

 

・善玉菌をめちゃくちゃ増やす。
子供のような肌と髪と心を手に入れるには、
腸内が善玉菌優勢でなければいけません。
天然美通に使われている大豆発酵熟成エキスは、
今すでにお腹にいる善玉菌を強力にパワーアップさせ、その量を莫大に増やします。

 

・腸まで必ず届き善玉菌を増やす。
植物性乳酸菌を2年以上かけてさらに熟成させたエキスですので、
熱や酸に非常に強く、胃で分解されずに腸に必ず届きます。

 

・原料にまで徹底的にこだわり抜いてある。水にまで究極のこだわり。
モンドセレクション金賞受賞の天然水と無農薬の有機大豆が使われています。
100%クリーンで安全な原料を使用しているので腸内環境に良いです。

 

天然美通は、女性の腸内環境を良くするという目標に対して、これ以上ないほど研究が重ねられ開発されました。

 

ではなぜ、「腸内環境」が美容にとって重要なのでしょうか?

 

腸内環境が美容にものすごーい影響がある理由。

 

肌がぴちぴちな人や髪がさらさらな人。内側からはつらつとした健康さがあふれ出る人。

 

その人たちには共通点があります。

 

皆、腸内環境が良いということです。

 

逆に髪がぼさぼさ、肌荒れがひどくて、ひどい便秘で
覇気がなく、いつもぼんやりとしていて
すぐイライラして、極度の冷え性だったり、いつもどこか体調の悪さを訴えて、
他人からエネルギーを奪おうとしているような人にも共通点があります。

 

皆、腸内環境がものすごく悪いのです。

 

コンビニ弁当や、ジャンクフードやお菓子やケーキばかり毎日食べています。

 

その結果、腸内の悪玉菌が優勢になって、幸せ物質のセロトニンが生産されず、
腸管に密集する免疫システムが異常になり、小腸の壁から毒素や未消化タンパク質が
リンパや血液中に漏れだして、
うつやイライラ、肌荒れ、ニキビ、原因不明の体調不良となって表れるのです。

 

しかもそういった人は便秘薬をすぐ飲んだり、体調を崩して抗生物質を飲むので、
さらに腸内環境が悪化して、さらに薬に頼る悪循環に陥ります。

 

子供の肌や髪が奇麗なのは若いことが理由ではない!

 

子供のエネルギッシュさを思い出してみてください。

 

ほとんどの人は、子供のころ、寒さに強く、いつも好奇心であふれていて
肌はつるつるで髪がさらさら。よく笑い、内側からエネルギーにあふれています。

 

化粧も必要ないぐらい肌がつるつるだし、、体臭だってほとんどありませんよね。

 

子供の肌や髪が奇麗なのは細胞が若いからだと思っている人がほとんどですが、
実はそうではありません。

 

「若いから奇麗なのはあたりまえ」なのは間違いないのですが、

 

正しくは、「若いことにより”腸内環境が良いので”キレイなのはあたりまえ」なのです。

 

 

子供は大人と比べて、腸内の善玉菌の比率が違うんです。

 

赤ちゃん〜幼児の腸内の善玉菌の比率は、99%という研究結果が明らかになっています。

 

母乳だけ飲んでいるとそうなるんですね。子供は、体が完成していないので免疫力が弱く
風邪などは引きやすいのですが、腸の中はめちゃくちゃ奇麗なのです。

 

一方、大人になると腸内の善玉菌は1000分の一にまで減ってしまいます。

 

大人の腸内の1000倍、子供の腸内はキレイなんですね。

 

加齢とともに、年々腸内の善玉菌の数は減っていきます。

 

これは、誰にも避けられません。

 

思春期とニキビは腸内環境改善で治る

 

思春期にニキビやアトピーがいきなり発症する人がいます。

 

ストレスだ、とかそういう時期なんだ、とかホルモンバランスが

 

などなどいろいろな意見があります。

 

確かにそういった要素もあるかもしれませんが
一番のポイントは、思春期って、腸内環境が最初に大きく変化する時期でもあるんです。

 

加齢により腸内環境が最初に悪化しだす時期に、思春期特有の旺盛な食欲で
なんでも良く食べ、腸に悪いものも見境なく食べてしまっています。

 

体を大きくして、筋肉や、胸を発達させるために食べるのは必要なことなんですが、
現代は欧米タイプの食事が増えているので、
長年、米や漬物や野菜ばかり食べてきた日本人の胃腸は、
毎日の肉食や油ぎっとぎとの料理に適応できません。

 

牛乳でおなかを壊してしまったり、チーズで胃がもたれる人が多いのも、
日本人はもともと、乳脂肪分を分解する酵素が少ないからなのです。

 

長年チーズを食べ、生の牛乳を飲み続けてきたオランダ人とは、
膵臓から分泌される消化酵素や、小腸に定住できる腸内細菌の種類が、もう遺伝子レベルで違うのです。

 

腸の長さも、先祖代々肉食である欧米人は肉を早く排泄できるように短くできていて、
穀物中心の日本人は腸が長いのです。
なので腸の長い日本人が、肉食を続けると、腐敗した動物性のタンパクや脂質が長く腸内にとどまるので
悪玉菌にエサを与え続けていることになるのです。

 

思春期にアトピーやニキビで悩んでいる人は多いです。

 

とりあえずジャンクフードなどをやめてもらい
肉食や多量の油といった食事に気をつけてもらって、
乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維などを毎日取ってもらうと
腸内フローラ(細菌叢)が、さわやかできれいなお花畑のようになり
思春期は肌の代謝も速いので、あっという間に治ってしまいます。

 

腸内環境がすべての原因だった

 

アトピーやニキビの原因は腸内環境だという研究が徐々に広まって来ていて嬉しいです。

 

あの薬を塗ればとか、皮脂が、とかいろいろな治療法が出ていますが

 

根本的な解決策としてはあまり意味はありません。

 

腸内環境をずっと良好に保ちつずければ、肌に炎症はできません。

 

アトピーもニキビも、経験したことのある人は分かると思うのですが、
皮膚の内側から、何か悪いものが出てきて、かゆみや吹き出物として表れています。

 

その「悪いもの」とは環境が悪くなった腸内で処理しきれなくなったたんぱく質や毒素が
腸壁から血液中に染み出しているものなのです。

 

未消化たんぱく質や毒素が、行き場を失い、それでも体の中から
排出しないといけないので、最終的に、肌から出そうとします。(人の体って不思議ですね)

 

便秘でもそうですが、悪いものをためないこと、すぐ出すことが重要で、
もし悪いものを食べても、善玉菌という悪玉菌に対するバリアーを保ちつづけていれば害はありません。

 

日々、善玉菌を悪玉菌の割合より多くし続けることが、子供のような肌と髪を取り戻す秘訣です。

 

天然美通は、その善玉菌を大幅に増やしてくれるんです。

 

天然美通と並行して食べるといいもの

 

せっかく天然美通という質のいいサプリを取っているんだから
毎日食べるもので、それを台無しにしてはもったいないですね。

 

いっそ一気に腸内環境を子供のようにしてしまいましょう、ということで
腸内環境改善に良いものをピックアップ。

 

納豆

 

肉を食べると腸内環境は悪化します(悪玉菌が増えます)ので、タンパク質摂取には納豆がいいです。
納豆菌は善玉菌の一種で、高温に強いので腸に届き、腐敗菌を殺し、ビフィズス菌などの乳酸菌を増やす働きをします。

 

納豆は大豆を発酵させたものですので、天然美通と似た働きをするということになりますね。

 

 

キムチ

 

好き嫌いは大きく分かれますがキムチも腸内環境を良好に保つ食品として有名ですね。

 

キムチに豊富に含まれる植物性乳酸菌と美容に良いカプサイシンとの相乗効果が期待できます。

 

韓国では若い人がキムチを食べなくなって、アトピー患者が爆発的に増えているらしいですね。

 

 

バナナ

 

ごぼう

 

便秘に良いと言われるのがゴボウ。
ゴボウに含まれるイヌリンが整腸作用バツグンなんです
イヌリンは腸内でオリゴ糖に変化しますので乳酸菌のエサにもなります。